FC2ブログ

先を見据えての備え

20210722.jpg

3回目のご依頼のリピーターA様の
今回のご依頼は、リフォーム後の収納作業。
A様のご要望を考慮しながら、
図面などを見て収納プランを考えている時、
あることに気が付きました。
それは、石膏ボード壁の下地補強。
腰や膝が悪いけれど、今は、痛みを堪えて、
自分で動くことができるA様ご夫婦ですが、
この先、手すりが必要になるかもと考え、
その備えとして、今回のリフォームの際に
壁の下地補強をしておけば、
A様ご夫婦の使い勝手の良い位置に
手すりをしっかり取り付けられるし、
壁紙の貼り換え作業と一緒にしてもらえば、
費用も抑えられると考えたのです。

勿論、今回、壁の下地補強をしなくても、
後付けの補強板などを使えば取り付けは可能ですが、
手すりにかかる荷重は、
その人の体重の約3倍と言われているので、
柱、間柱を探して、
しっかりネジで止めする必要がありますが、
手すりをつけたい場所に間柱がなかったり、
木摺り(横桟)があり、柱・間柱が遠かったりと、
ネジ止めしたい位置に出来ない場合があるのです。
で、費用がかかった割りには、
ビジュアル的にも少々残念なことに・・・。

住宅設備も20~30年も経てば、
経年の劣化から不具合が出てきたということで、
これから先、年を重ねた時のことを考えて、
リフォームをする決意をされたとか。
ここ数年、A様のように
60代後半から70代くらいの方が、
お子様も独立されて、
これからご夫婦2人の住まいとして、
リフォームされるケースが多いように思います。
このリフォームの時こそ、
家の中に増えたモノの片づけのチャンスで、
モノの数を減らして、
綺麗になった部屋に収納する際に
自分達のライフスタイルにあったモノの定位置を
しっかり決めて収納すると綺麗な状態を保てます。
それプラス、先を見据えて備えとなることもしておけば、
これから年を重ねても安心ですよね。






シニア世代の心身の特性に配慮した整理収納・comfy living