キッチンリフォームで忘れがちなこと

180524-1.jpg

キッチンリフォームで、
収納を増やしたい、
使いやすくしたい、
間取りを見直したい、
機能を充実させたい、などなど、
現実したいことは沢山あると思います。
けれど、それらを現実にするには費用がかかります。
なので、したい事に優先順位をつけて、
自分なりに整理をして、
業者の方と相談しながら、
どんなキッチンにするのか、
決めていくのですが、
その流れのなかで、
忘れがちなのが、
自分が今、キッチンで使っているモノが、
新しいキッチンに収まるかどうかという事。

DSC_1449.jpg

昔のシステムキッチンのキャビネットは、
観音開きの扉のものが多いですよね?
けれど今は、引き出しが主流になっています。
出し入れし易く、
屈まなくても中のモノが見えるのが良いところですが、
同じ大きさのシステムキッチンだから、
今あるモノも収まるだろうと、
リフォームをして、モノを納めたら、
入らなくて、どうしよう?
とご相談を受ける事が多いです。
特に多い場所は、シンクの下にある深い引き出し。
深いから、沢山、モノが入ると思いがちですが、
観音開きの収納と違って、
上に重ねて置くという事が、
引き出しなので、
引き出す時に崩れたりして、あまりできません。
それではと、モノを縦に並べてみても、
モノが置けない無駄なスペースは出てしまいます。
無駄なスペースを活用して、
モノが少しでも沢山置けるようにするためのグッズは、
市販でもありますが、
それらを買って取りつけてみたら、
引き出しが閉まらなくなったという事も。
なので、予め、オプションで、
引き出しの中の上の方に
もうひとつ引き出しを付けておくなどしておくと、
モノが置けない無駄なスペースが減ります。
その為には、ご自分が、
今のキッチンで使っているモノの量や大きさを
ある程度、把握して置く事が大切です。