どこにでもある材料で簡単クリスマスツリー

171112-1.jpg

もう街は、夜になるとイルミネーションが輝いて、
クリスマスの雰囲気でいっぱいですね。
クリスマスまで1カ月ちょっと。
その間に不定期ですが、
手づくりクリスマス飾りを
ご紹介していこうと思います。

今回は、コピー用紙の包み紙で作ったツリー。
【 材 料 】
少し厚目の紙(今回はコピー用紙の包み紙)
ストロー(または、ビーズ等)
ストローが通せるくらいの太さの糸(または竹串、針金など)

171112-3.jpg

【 作り方 】
①紙を大きい四角(または丸)から小さい四角(または丸)
 15ピースくらい切って作る。
*画像のツリーは、一番大きい四角が9cm。
 5mmずつ小さくして15ピース作りました。
②切った四角の中心に糸が通せるくらいの穴を開ける。
③ストローを7~8mmくらいに切ったものを20個くらい作る
④糸を玉結びにして切ったストローを通し、
 一番大きい四角の紙に糸を通す。
⑤あとは、ストロー→紙→ストロー→紙という順番で糸に通していく。
 *紙は大きさの大きい物から順番に。
⑥天辺に星のカタチに切った紙を糸に貼りつけたら完成。

171112-2.jpg

糸の代わりに しっかりした竹串や針金にすると、
ツリーがしっかり立つ物ができますし、
今回の様に糸にすると、木などにぶら下げると、
ゆらゆら揺れるツリーになります。
紙を丸に切ったり、四角に切ったり、色を変えたり、
ストローをビーズに変えたりと、アレンジ次第で、
大人っぽくなったり、可愛くなったり、雰囲気も変わります。
紙でなくてもフェルトや布でも可愛いですよ。
簡単なので、作ってみて下さいね。