介護保険・住宅改修費

171107-1.jpg

勉強の為にショールームに行った時、
元気の良い高齢の女性が息を切らせながらやってきて、
ユニットバスを見て私に話かけてきたのです。
『今度、友達が股関節の手術をするのだけど、
今は、1週間で退院させられるそうでね。
退院は良いけど、今の家は古くてお風呂も小さいから、
手術した後、一人じゃ入れないっていうんで、
私が見に来たんですよ。
これ、湯船の高さも低くていいですよね?』って。
それから、あれこれお喋りしてると、
お友達は、ご夫婦2人暮らしの70代の女性で、ご主人は入院中。
退院後は、お一人で自宅で療養なので、
お世話は、この元気な女性がされるとか。
ショールームに来る前にも、
介護用ベッドを扱ってる業者など、色々と足を運んできたのだそう。
この方のお友達が、
どのくらいの状態で退院されるのかは分かりませんでしたが、
いくら元気だからって、手探りの状態で、
しかも、お一人で、あちこち走りまわるのは大変だと思ったので、
浴室をリフォームするのに介護保険から
住宅改修』の費用の一部が、
申請をすれば支給されるかもしれない旨と、
まず、それには、お友達のお住まいの地域の
地域包括センターに相談する事をすすめました。
すると、元気な女性は、
住宅改修?そんなのがあるの?』
『地域包括センターって、こんなことも相談できるの?』
と、驚いてらっしゃいました。
そこで、今回は、住宅改修申請の流れを
簡単にご説明したいと思います。

171107-2.jpg

介護保険制度では、要支援1・2、要介護1~5と認定された方が、
手すりの取付けや段差解消などの対象となる住宅改修を行い、
心身の状況や住宅の状況等から必要と認められた場合、
住宅改修費が支給されます。
支給される住宅改修費用は、
要支援・要介護を問わず『1人あたり20万円まで』で、
その1割または2割が自己負担額となるので、
実質的には18万円(1割)または16万円(2割)が支給上限額となります。

【支給の対象となる住宅改修の種類】
 1.手すりの取付け
 2.段差の解消
 3.滑り防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更
 4.引き戸などへの扉の取り替え
 5.洋式便器などへの便器の取り替え
 6.1~5の改修に付帯して必要となる工事 など

 ※住宅改修費の支給には、着工前に事前申請が必要です。
  事前申請せずに住宅改修を行われた場合、
  住宅改修費は支給されません。

①ケアマネージャーに相談
 住宅改修費用(住宅改修費)の支給申請を行なう際、担当のケアマネジャーなどが
 住宅のどの部分を改修すべきか、身体状況や家屋状況などを踏まえ検討し作成した
 『住宅改修が必要な理由書』を提出する必要があります。
 ※担当のケアマネジャーがいない方は、地域包括支援センターに相談。

②住宅改修前に必要な書類
 •支給申請
 •住宅改修が必要な理由書
 •工事費見積書
 •日付入りの工事前の写真
 •平面図
 •承諾書(借家などの場合)
 ※保険者によって異なる。

③住宅改修着工
 連絡がなく改修内容を変更された場合、住宅改修費は支給されません。

④住宅改修後に必要な書類
 •完成届出書
 •領収書
 •工事費内訳書
 •住宅改修前と住宅改修後の日付入り写真
 ※保険者によって異なる。

⑤2種類の支払い方法
 利用者が一旦住宅改修費用を全額支払い、保険者に申請した後、
 費用の払い戻しを受ける『償還払い』と
 事前に保険者に申請したうえで、利用者は住宅改修費用の自己負担額のみを支払い、
 残りの金額は保険者から事業者へ直接支払われる『受領委任払い』の2種類の支払い方法があります。
 ※保険者によって異なる。

以上、簡単に流れをご説明しましたが、
自治体・保険者によって異なることもありますので、
まずは、ケアマネージャーや地域包括センターにご相談下さい。