世界初のサイボーグ型ロボットHAL® 装着体験

171016-6.jpg

先日、世界初のサイボーグ型ロボットHAL® 装着体験をさせていただきました。

HAL®(Hybrid Assistive Limb®)は、
身体機能を改善・補助・拡張・再生することができる、
世界初のサイボーグ型ロボットです。
身体にHAL®を装着することで、
「人」「機械」「情報」を融合させ、
身体の不自由な方をアシストしたり、
いつもより大きなチカラを出したり、
さらに、脳・神経系への運動学習を促すシステムです。
(出典:CYBERDYNE株式会社

171017-2.jpg

TVなどで見たり聞いたりして、
どんなものかは、ある程度は知っていましたが、
正直、見た感じでは、
鎧を着けたような重装備なんじゃ?
こんな重そうなの着けて、ホントに動けるの?
って思っていました。
けれど、実物(腰タイプ・介護支援用)を
手に取ってみて、その軽さにビックリ!
体に着けてもらうと、
そんなに重さを感じないのに、またまたビックリ!!
ガッチリ締め付けられてるというようにも思いませんでした。
車の運転の時に車幅間隔を把握するように
装着した時の自分の体の幅を把握できれば、
ロボットを装着している事を忘れて、
自分の体の一部として使用できそうな装着感でした。

装着して実際に動いてみると、
後ろから、誰かが優しく腰の部分を
抱きかかえて支えてくれているような感じで、
想像していたロボットダンスのようなカクカクした動きではないのです。
腰痛持ちの私が、前屈みの姿勢から上体を起こす動きをしてみたのですが、
いつもなら、痛タタタッ!と、
体の中が錆びてギシギシいってるみたいに動くのですが、
潤滑油を注した様にスーッと滑らかに動いたのです。
実際には、HAL®にサポートしてもらってるのですが、
自分で、こんなに滑らかにスッと動けた!って感動がありました。
この感動を何だかの原因で体の動きが不自由になった方が感じられたら、
今より、もっと、日々の生活を楽しめるのではないかな?と思います。

171016-7.jpg

HAL®について詳しくは、
CYBERDYNE株式会社 https://www.cyberdyne.jp/
湘南ロボケアセンター株式会社 http://www.robocare.jp/shonan/
HPをご覧下さい。


湘南ロボケアセンターでは、
平成29年度 神奈川県未病キュアリングモデル実証事業の費用助成で、
加齢に伴う筋力の衰えから歩行に不安を持たれている方を対象に
HALFITモニターを募集しています。
日常の動作の範囲を広げるためのトレーニングで、
自立した生活を維持しましょう!
詳しくは、湘南ロボケアセンター TEL 0466-30-2360 に お問い合わせ下さい。 
一般の方向けには、腰タイプ装着体験もされています。
詳しくは、こちら → 腰タイプ装着体験 

下肢タイプの装着体験は、CYBERDYNE株式会社のスタジオで行われています。
詳しくは、こちら → 下肢タイプの装着体験

皆様も、是非一度、体験してみて下さい。