高齢者に優しいキッチン

170912-1.jpg

立って作業する事が多いキッチンでの調理。
高齢になると、膝や腰に痛みが出たりと
調理の作業が大変に思われる方も多いです。
疲れた時に座って作業が出来る様に、
シンクやコンロの下にオープンなスペースがあると
座った時に足を入れられるので、作業が楽です。

高齢者だけでなく、最近は、座って作業できる
バリアフリーやユニバーサルデザインの
システムキッチンの人気が高まってきているようです。

170912-2.jpg

中でも、私が、おすすめなのが、
LIXILの「ウエルライフ」というバリアフリーのシステムキッチン
足元が広くオープンになっていて、
ワークトップの高さを73~85cmの間で13種類(1cmきざみ)から選ぶことができ、
シンク側についた手すりが、左右への移動や、車いすの方向転換、
引き寄せ等の動きをサポートしてくれるという安全に配慮した設計で、
椅子や車いすに座ったままで作業や移動がスムースなので、
調理の作業のほとんどが座ったまできます。
他にも沢山の優しい機能があります。
詳しくは、こちら → LIXIL ウエルライフ

170912-4.jpg

そして、座って作業する時の椅子で、おすすめなのが、
ブレーキ付きで立ち座りも安心なTOTOオリジナルツール。
荷重がかかっていないときはブレーキがかかり、
座るとブレーキが解除され、ラクに移動ができます。
立ち座りの時に椅子が動きにくいので安心です。

170912-3.jpg

高齢者対応の座って作業ができるシステムキッチンは、
LIXIL「ウエルライフ」の他にも、
TOTO「クラッソ」、クリナップ「クリンレディ」、
パナソニック「リビングステーション」等がありますが、
座って作業できるものでも、
高齢者対応と車椅子対応とでは、
ワークトップの高さやシンクの深さ等に違いがあります。
たまに座って作業するのか、いつも座って作業をするのか、
車椅子を使用するのか等、決めてから選ばれるのが良いと思います。

170912-5.jpg

高齢になって出来なくなった、億劫になった、から、
代わりに私がやってやろう、誰かに代わりにやってらえばいいというのではなく、
こうしたら、まだまだ、私も出来る!と思えることで、
ご高齢の方が、イキイキと毎日を楽しく過ごせるのではないでしょうか。