ある日、突然始まる 後悔しないための介護ハンドブック

170730-1.jpg

「就活」「婚活」「妊活」「終活」と
人生の節目に対する備えるという風潮が根付いてきていますが、
「自分が介護に直面する。」「介護が必要になる」ということを
想定していない(したくない)という思いからか、
意外と見落とされがちなのが、終活を考える上での介護のことです。
しかし、平均寿命と健康寿命の間には、男性で約9年、女性で約13年の差があります。
この期間は、なにかしらの介護が必要になってくるので、
終活を実践するうえでも、介護のことを忘れてはならないのではないでしょうか。
最近では、将来の介護に備えた活動を「介活」といい、
健康寿命を伸ばす、費用の軽減、介護が始まった時の備え等、
介護について勉強して情報を得ておくこと。
健康寿命を出来るだけ延ばして、元気にイキイキ暮らせるのが一番の事ですが、
いざという時のために、相談する場所やどのようなサービスを受けるか等の情報が
介護が必要になる前にあれば、心強いですよね。

170730-2.jpg

そこで、ご紹介したいのが、2017年2月28日(火)に発売された
『ある日、突然始まる 後悔しないための介護ハンドブック』
(阿久津美栄子/ディスカヴァー・トゥエンティワン)
多くの介護経験者が実感した
「あの当時、本当に知りたかったこと」に注目し、
介護の始まりから終わりまで、
様々な状況に応じた知識や情報をまとめたもので、
申請・お金・相談・保険・施設・サービス・医療・相続・
看取り・記録のつけ方といった介護の様々な局面に対応している
必携のガイドブック。
私も、そうですが、高齢の親持つ子世代の方々は、
介活のひとつとして、読んでおくといいのではと思います。