遮熱カーテンの選び方

170716-1.jpg
猛暑日が続いていて
外だけでなく室内にいてもエアコンなしでは、
すごせないほど暑いですね。
窓からの夏の強い日差しの対策として、
一般的には、カーテンをかけることを行いますが、
そのカーテンの中でも、遮熱カーテンは、
日射による放射熱の通過を防いで、
室外から室内への熱移動を減らしてくれるカーテンで、
夏の強い日差しによる室内の温度上昇を防いでくれます。
また、UVカット機能や、
室内の熱を逃がさない機能のもあるので、
夏は冷房、冬は暖房の効果を高めてくれます。


●生活スタイル、お部屋の環境、使用条件によって選ぶ●

遮熱カーテンは、
大きく分けると、厚手のドレープカーテン
薄手のレースカーテンの2種類ありますが、
レースカーテンには、
セラミックを使用した遮熱繊維で織ったもの、
より遮熱性が高いステンレスを織り込んだもの、
透け感のあるものや、
夜になっても部屋の中が透けて見えないものなど、
沢山の種類があります。

日中は外出していて、
夜間に帰宅するお勤めの方などに
向いているのは、遮熱性が高い厚手のドレープカーテン。
カーテンを閉めて出れば、日中の強い太陽光をブロックして、
お部屋内部が熱を帯びて暑くなるのを防いでくれるので、
夜間帰宅して玄関を開けた途端に
ムワッとする熱気が襲ってくるのを減少してくれますし、
エアコンの効きも早くなります。

逆に日中家に居る事が多い方は、
厚手のドレープカーテンより遮熱効果は下がりますが、
光を取り入れる効果が高く、
風も通しやすいレースカーテンが向いています。
また、UVカットする機能も持っている物も多いので、
家具などの色褪せも防げます。

また、南面の部屋や、西日で室温が以上に上がる部屋などは、
ドレープとレースの両方に遮熱機能の付けると、
午前中はレースだけにして、紫外線をカットし、光を取り入れ、
西日の当たる時間だけダブルで使う事もできます。


遮熱カーテンは、遮熱性能が高いほど、繊維密度が高くなるので、
外からの光や風が通り難くなります。
遮熱という機能重視ならば、厚手、
遮熱性能が少し劣っても、日中はお日様の光を通したい、
少しは風を通したい、外の景色も眺めたいという方は、レースというように
ご自分の生活スタイルやお部屋の条件や環境に合わせて選んで下さい。