家具の見直しで安全な暮らし

170430.jpg

シニア世代になると、
家具に手をついて体重をかけることが
増える方が多くなってきます。

平成24年2月 東京都生活文化局消費生活部 
ヒヤリ・ハット調査 「シニア世代に多い事故」
(シニア世代のヒヤリ・ハット/詳細調査①)の
ヒヤリ・ハットや危害経験によると、
加齢に伴い足腰が弱くなったことが原因と思われる、
「椅子に手をついて立ち上がろうとした際に転倒」や、
「椅子に座り損ねて転倒」
「テーブルに頭・足等をぶつけた」
「電化製品のコードに足をひっかけた」など
位置をよく確認するなどの慎重に動作することが
必要と思われる回答が多くみられました。

安全で快適な暮らしをするためにも、
たまに 家具そのものや配置見直し
されると良いと思います。
テーブルや椅子の脚は、しっかりしたものに変えたり、
電化製品の配置見直し
コードが床を横切らないようにすると安全です。
また、頻繁にコードを抜き差しする
掃除機などに使うコンセントは、
高い位置に付け替えると、
屈む動作が楽になりますよ。