あえてのオープン収納


170402-1.jpg

車椅子を使用するようになると、
視線の位置も変わりますし、
使いやすい収納の位置の高さも変わってきます。
中でも多くの方が大変に思うと おっしゃるのが、
収納家具の扉の開け閉め。
スライド式(引戸のような)の小さい収納家具なら、
まだ、いいのだそうですが、
自分の方に引いて開ける扉のモノや引き出しは、
自身も動かなくてはいけないので、大変なのだそうです。

170402.jpg

そこで、提案させていただいたのが、
収納家具の扉を外して、あえてオープン収納にすること。
画像は、以前に紹介させていただいたモノですが、
こちらの場合は、下駄箱の扉を外して、
オープン収納にしたことで、
車椅子玄関に広がった状態にある時にでも、
靴の出し入れが楽に出来るようになりました。
これまで、狭さを感じなかった玄関も、
車椅子を広げて置くと、狭さを感じる方も多いです。
手前に引いて開ける扉だと、扉の分、玄関のスペースを使いますよね。
そういったときには、思い切って、
扉をはずすということも、ひとつの方法だと思います。
しかし、オープン収納にすると、
ホコリなどが入りやすいというデメリットもあるので、
その点も考慮して行って下さいね。