カラーユニバーサルデザイン

160428-1.jpg
公共施設や住宅などの整備は進んで、
建物に対するバリアフリーの考え方は広く認知され、、
また、自動車や家電製品の多くは、
誰もが使いやすいユニバーサルデザインのものが製品化されています。
今後、さらに誰もが快適でストレスのない社会環境となるように
多様な色覚をもつさまざまな人に配慮し、
できるだけ全ての人に情報がきちんと伝わるようなデザインが
「カラーユニバーサルデザイン」です。

色の見え方は誰しもが同じというわけではありません。
色の見え方が一般と異なる方の中で一番多いのが、「色覚障害」で、
日本では男性の20人に1人、
女性の500人に1人くらいの割合でいるとされています。
また、緑内障・白内障などの目の疾患によって
色の見え方が変化するケースもあります。

人間の目の網膜には、3種類の錐体細胞があり、
それぞれ、赤・緑・青を感じる視物質を持っています。
このうちどれかの機能が損なわれた状態が「色覚障害」です。
色覚障害の人の大多数は、
赤感受性の視物質の遺伝子に変異を生じたP型
(Protanope・第1色覚障害・色覚障害全体の約25%)か、
緑感受性の視物質の遺伝子に変異を生じたD型
(Deuteranope・第2色覚障害・色覚障害全体約75%)です。
赤と緑の視物質は、どちらが失われても似た症状になり、
赤~緑の波長域で色の差を感じにくくなるため
「赤緑色覚障害」と総称されています。
青感受性の視物質の遺伝子に変異を生じたT型
(Tritanope・第3色覚障害・色覚障害全体の0.02%)は、
稀で、黄~青の波長域で色の差を感じにくくなるため
「青黄色覚障害」と呼ばれています。
351.jpg
160428-3.jpg
注意、強調したい時には、赤色を使うケースが、良くありますが、
特にP型(Protanope・第1色覚障害)の人には、
赤が沈んで見えるため、強調されていることが分かりません。
また、色の組み合わせにもよりますが、
グラフなどで同じような明るさの色を多用したもの、
カレンダーで祝日が赤で記載された場合など
色分けした情報が分からない場合があったり、
色名で、案内されても
その色を探すことが困難な場合もあります。

上記のように、色覚に障害のある人は
日常生活のさまざまなところで、不自由を感じていることがあります。
新聞・雑誌・教科書・パンフレット、
病院や公共施設の案内表示など、様々な色を使っていますが、
そのことが色覚に障害のある人には、
かえって分かりにくかったり、使いにくくなる場合もあります。

お知らせのプリントや資料などを作る時には、
他の色と間違えにくい色を使い、
見やすい色の組み合わせ、
強調したい部分は文字色を変えるだけでなく、
アンダーラインを引いたり、
グラフの項目の違いも色訳だけでなく、
柄で差をつけるなどの工夫と配慮をするといいですね。
(下の画像 代表的な見づらい色の組み合わせ) 
160428-2.jpg


組み合わせる色の注意点、
使用する上でのノウハウ等をまとめた冊子が
PDFで無償配布されています。
『カラーユニバーサルデザイン推奨配色セット ガイドブック』
発行年:2013年
発行者:カラーユニバーサルデザイン推奨配色セット制作委員会
http://jfly.iam.u-tokyo.ac.jp/colorset/

******************
講座スケジュール
******************

ルームスタイリスト1級認定講座 詳しくは こちら → 1級認定講座


高齢者の整理収納講座 詳しくは こちら → 高齢者の整理収納