FC2ブログ

日本橋公会堂で漫才風セミナー

今日は、日本橋公会堂で、公益社団法人日本橋医師会 人形町おとしより相談センター様からのご依頼であるある笑女隊・漫才風セミナーをさせていただきました。(私、個人的には、まだ、人形町おとしより相談センター開設前に日本橋おとしより相談センターからのご依頼で講座をさせていただいたので、今回で2回目になります。)受講して下さる方が沢山いるかしら?とか今回は、新ネタ披露ということもあって、かなり練習はしたつも...続きを読む >

『勿体ない』の意味

実作業にうかがうと、高いものほど、手が届きにくい奥の方に丁寧にしまわれている事が多い。『普段使いにするのは勿体ない』というお気持ちからのようです。例えば、贈答の食器セットは使わずにキッチンの吊り戸棚の中にしまって、普段は100円ショップのお皿を使ってらしたり。かつての『勿体ない』という言葉は、『大事に使わないと勿体ない』だったけれど、かつての時代より、物も安く手に入るようになったからか、普段使いの物...続きを読む >

無理な物の出し入れしていませんか?

キッチンの戸袋の中のモノを取ろうと、踏み台に上って取ろうとしたら、肋骨を骨折してしまったというA様。普段は、元気そのもので、年齢を感じさせない方なのですが、なんのことはない、普段からしている動作で、骨が折れるなんてと、今回の骨折で、自分の年を思い知らされたと少々、落ち込んでらっしゃいました。この怪我を機会に家の中のモノを見直して、モノの収納場所を自分の今の身体の状態にあうようにしたいとのことで、お...続きを読む >

心の葛藤が部屋のあちこちに

まだ、先の事。自分は大丈夫。と思っていても、突然に 住み慣れた我家から施設に入居することになることもある。そうなると、当然のことながら、ほとんどのモノを処分することとなる。施設に持っていけるだけの量にこれまでの家の中にあったモノから縮小する必要があるからだ。自分にとって大切なモノを選び取ることも十分に出来ず、目に付くモノの中から必要そうなものを選ぶのが精一杯。自分では、最低限のモノだけになったと思...続きを読む >

漫才風セミナーで、モチベーションがあがった!

本日、輝天の会様にご依頼いただき、あるある笑女隊・漫才風セミナーをさせていただきました。輝天の会様は、普段、皆さんで終活を一緒に学んだり、考えたり、時には、お悩みのご相談を皆で話あったりと、メンバーの皆さまが、これからの人生をより良く生きる為に活動をされています。今日、セミナーにご参加下さった皆様は、とても、イキイキされていて、素敵な方ばかりでした。セミナー中も、ノリが良く、私達が助けられた部分も...続きを読む >

モノの移動だけしていませんか?

セミナーを開催すると必ずといって良いほど、受講者様がおっしゃるのが、・物を処分しても、すぐにモノが増える・片付けても、また、もとどおり・モノの量を減らそうと思っているけど出来ない・片付けなきゃと思うけど腰が重いなどという事。このような状況の中どうしたら片付きますか?その方法を教えて下さい!とおっしゃいます。テクニックを学ぶこともとても大事な事ですが、それを活かすには、自分や家族が普段の生活で、家の...続きを読む >

ちょっと気にかける

月に一度は、お顔を見せに来て下さっていたのに3か月くらいお顔を見てなかったので、「お元気にされてるかしら?」と気になって連絡をしようかと思っていたところに「お久しぶり!お元気?」と、先日、3か月前と変わらぬ笑顔を見せに来て下さったお客様。「お顔を長い間、見てなかったので、ご連絡しようかと思っていました。」と私が言うと、お会いしていない期間中、少し体調を崩されてたようですが、今は、体調も良くなり、ちょ...続きを読む >

これいい!~シニア世代に優しいキッチン~

歳を重ねると足腰が痛い方も多いです。毎日の食事をつくったり、片付けたりとキッチンに立っている時間も辛いと、お客様からも聞く事がよくあります。そんな時は、観音開きの扉のキッチンなら、『流し台の下の扉を開けて作業をすると少し楽になりますよ。』とアドバイスをしています。先日、これいい!ってキッチンをみつけました。それは、LIXIL りシェルSI。 足を入れるスペースとサポートバーをつける事ができるのです。足を入...続きを読む >