fc2ブログ

国際福祉機器展

ハンドメイドの自助具から最先端技術を活用した介護ロボット・福祉車両まで世界の福祉機器を一堂に集めたアジア最大規模の国際展示会が開催されます。第49回 国際福祉機器展●日時   リアル展:2022年10月5日(水) ~ 7日(金)  10:00~17:00(7日(金)のみ16:00まで) Web展:2022年9月5日(月)10:00 ~ 11月7日(月)17:00●会 場   リアル展:東京国際展示場「東京ビッグサイト」東1~6ホール  Web展:H.C.R...続きを読む >

室内緑化

コロナの影響で、お家時間が長くなったからか、お客様で家の中で植物を育てる方が増えています。建物内でインテリアとして植物を育てることを「室内緑化」といい、そうすることで得られる効果のことを「グリーンアメニティ」といいます。室内緑化の効果は、殺風景で無機質な部屋を明るくしたいときなど手軽に部屋の雰囲気を変えられるインテリア効果、室内の空気をキレイにする空気の浄化、ストレス軽減や目の疲労を軽減する効果的...続きを読む >

COCOプレミアムナイトで講座

先日、COCOしのはら様からのご依頼で、COCOプレミアムナイト「もっと地域を知ってちょっと語れる楽しい夕べ!」で、「健康寿命を延ばす整理収納」のお話をさせていただきました。リアルやZoomで、沢山の方にご参加いただきました。皆さん、真剣に耳を傾けて下さり、・片づけって捨てるだけだと思ってた・こんな片づけ方は初めて・前向きになれそう・これまで、妻に任せっきりだったけど、自分でもやってみないとと思った・いつもで...続きを読む >

1本の電話

この間、1本の電話がありました。声の感じからすると、70後半から80歳代くらいの女性。電話をとると、「タンスが開かないの」「鍵を壊して欲しい」と仰るのです。よくお話を聴いてみると、お子さんが、タンスに鍵をかけて、中のモノを出せない様にしたとの事。ご本人様は、もう、その事で頭がいっぱいで、パニック状態の様子。お子さんがいたら、電話に出てもらうように言っても、お名前や住所を聞いても、ただ、「タンスに鍵をか...続きを読む >

モノの移動だけしていませんか?

セミナーを開催すると必ずといって良いほど、受講者様がおっしゃるのが、・物を処分しても、すぐにモノが増える・片付けても、また、もとどおり・モノの量を減らそうと思っているけど出来ない・片付けなきゃと思うけど腰が重いなどという事。このような状況の中どうしたら片付きますか?その方法を教えて下さい!とおっしゃいます。テクニックを学ぶこともとても大事な事ですが、それを活かすには、自分や家族が普段の生活で、家の...続きを読む >

満員御礼!定員オーバー ありがとうございました!

今日は、あるある笑女隊としては、初の東京でのセミナーでした。お陰様で、募集後すぐに定員に達し、定員オーバーで満員御礼となりました。セミナーが終わったら、もう、外は暗くなっていましたが、そんな時間にも関わらず、これだけ沢山の方にお越しいただけたこと、感謝いたしております。ありがとうございました!私のパートは、自立した生活を長く続けるための整理収納。ご自身の心身の状態に合わせて住環境を整え直す事で、少...続きを読む >

妻のいない生活は大変

年連れ添った奥様に先立たれ、それまで、やった事のない家事を一生懸命にされている80代の男性は、同居の息子さんの朝食やお弁当づくりから1日が始まり、洗濯に掃除、買物などなどと大変で、「遅いけれど、妻の大変さが自分が家事をするようになって良く分かった。」と何度も仰っていました。腰痛を抱えているこの男性、キッチンでの作業は、痛みをこらえながらなのだそうで、まず、現状のキッチンで、出来るだけ楽に作業が出来る...続きを読む >

「出来なくなったこと」を「出来るようにする」という発想を持つ

認知症とよりよく生きるヒント「旅のことばカード」ワークショップをDFJI旅のことばプロジェクトの金子氏、福祉従事者の4名の方々と開催しました。その中で、高齢になる、認知症を患うとこれまで出来ていた事が出来なくなってくるけれど、ご本人も、周囲の人も、・出来ない事に焦点をおくのではなく、 出来る事を見るようにしないといけない。・出来なくなった事を 出来るようにする発想を持つことが大切。・出来る事を活かさな...続きを読む >