FC2ブログ

「その時」の備え

「自分は、ずっと、ここでこのままで」と誰しもが思いたいけれど、いつまでも住み慣れた我家で住めるか?というと、突然に住めなくなることも多くある。先日、お手伝いに伺った2件の仕事。このどちらもが、「突然」だったのである。1件目は独居のAさん、2件目は認認介護のBさんご夫婦。どちらも、ある日突然の救急搬送から、もう自宅には帰れない状態になったのだ。それで、先日、急な片づけの手伝いのご依頼があり、タイミングよ...続きを読む >

照明もバリアフリー

年を重ねると、筋力の低下により足の上りが悪くなったり、わずかな段差にもつまづくようになったり、人間の身体能力は、低下していきます。視覚もその一つで、視力が低下し、物の認識や微妙な色の識別もつきにくくなり、段差がわかりづらく、つまずきの原因となったり、グレア(見えにくさをともなう眩しさ)により、部屋にいることが不快いになることもあります。人間が受取る情報のうち80%は視覚からといわれます。加齢とともに...続きを読む >

長期間の自粛生活の影響が出てきている?

長期間の自粛生活の影響で、身体の状況にかかわらず、高齢者の身体活動量が3割も減少してるとか。高齢者はコロナに感染した場合の重症化リスクが高いことから、感染防止のためには、「外出を控える」ことが有益。しかし、外出を控えることにより歩く機会が失われて、筋肉の量や質の低下を招くなど、健康への悪影響も心配されている。ネットなどにも、この先、「要介護者が急増する」などとも書かれているが、もう、その兆候が出始...続きを読む >

立ち位置を変えずに開閉できるドア

別の用事でお邪魔した大豆戸町内会館。中を拝見すると、細かなところまで、配慮が届いいる素敵な会館でした。中でも、私が、夢中になったのがトイレのドア。ちょうど、身体のバランスを保つことが難しくなって、転倒が増えた方の住環境についてあれこれと考えてる最中で、この会館で使われていたドアについても候補として調べていたのです。そのドアが目の前にあったので大興奮!住み始めた頃は建付けも良く自分自身も若く、何の負...続きを読む >

色にも配慮

年を重ねると、目も老化します。無色透明で光をよく通す水晶体は、だんだんと白く濁っていき、物が見えにくくなり、まぶしく感じるなどの症状が現れます。色の見え方にも変化が出て、黄色っぽく見えるようになり、青・緑系が黒っぽく感じ、黄色は白く見えるようになってきます。なので、紺と黒や、白と黄色といったような色の組み合わせは、見分けがつきにくくなります。加齢によるこういった症状は、急激ではなく徐々に進んでいく...続きを読む >

しゃがめない・たためない・しまえない方の住環境サポート

先日のブログ記事の画像で、お問合せを多くいただいた押入れ下段の収納グッズ。実は、あれは、私の手作りで、それが、お客様にあっているかどうか試すために作ったいわば試作品なのです。なので、材料は全て100円ショップのもの。こちらのお客様はパーキンソン病で、・身体のバランスがとり難く転びやすい・手足の震えや揺れがあり細かい作業がしにくいというような症状がおありなので、引出しの開け閉めやしゃがんでモノの出し入...続きを読む >

アルコール消毒液で、やっちゃってません?

新型コロナウイルス感染の予防として、ソーシャルディスタンス、マスク着用や、手指や身の回りのモノを消毒や除菌することが、日々の生活の中で欠かせなくなってきましたね。でも、目的にあった製品を、正しく選び、正しい方法で使用しないと、モノの劣化を早めたりしてしまいます。たぶん、皆さんが一番多く使ってらっしゃるのが、アルコールの手指消毒剤ではないでしょうか?先日も、家の中で、手にアルコール手指消毒剤をスプレ...続きを読む >

さらっと仰ったけれど・・・

何気ないご相談の電話。でも、電話を切ってから、ずっと ひっかかっていて、今も私の頭の中にお客様の仰った言葉が繰り返されている。それは・・・「次の方が、好きにされるでしょう」という切る間際に言われた一言。長いお付き合いをしているけれど、そんな事を考えてらっしゃるとは、微塵も思ってはいなかったので、私は驚いて、直ぐに言葉を発する事が出来なかった。冗談なのかな?それとも・・・?変な間をおいて、結局、他の...続きを読む >