FC2ブログ

聴いて得るモノは大きい

片付けの作業をしながら、お客様のこれまでの人生のお話を聴かせていただくのが私は大好きです。イキイキと話されているお顔も素敵なんです。この間も、学校を卒業して、東京に出てきて、結婚をして、家を買って一生懸命に働いて家のローンを2年で返したこと、その間にご苦労もあったけれど、楽しかった事、嬉しかった事などなど、沢山、お話を聴かせていただきました。いやぁ、やはり、人生の先輩。沢山の学びを得られて有難かっ...続きを読む >

一緒にやっておいて良かった

以前、ご依頼をいただいたお客様から、お母様が1カ月前に旅立たれたと悲しいお知らせがきました。この方との出会いは4年前。「実家の片づけをしたい」というご相談からでした。家の片付けをするにあたっての色んな話の中で、「モノの仕分けの時だけでも、一緒にして欲しい。」とお客様である娘さんに強くお願いしたのです。「仕事もあるので、片付けに時間をとるのは難しい。」と初めは仰っておられましたが、モノの仕分け作業を一...続きを読む >

旅のことばカード・ワークショップ 開催しました。

認知症とともによりよく生きるヒント旅のことばカード・ワークショップを金子智紀氏に(慶應義塾大学 大学院 政策・メディア研究科 修士課程 ・Natural&Coreative Living Lab(井庭崇研究室)所属 ・一般社団法人 認知症フレンドリージャパンイニシアチブ 旅のことばプロジェクト・NPO法人 認知症フレンドシップクラブ 本部スタッフ)お越し頂いて開催しました。(というより、全部、お任せの開催していただいた状態)カードの使...続きを読む >

介護保険

介護サービスを支える公的介護保険,改正される度に自己負担が増えていき、自分でなんとかしないと当てには出来ない感じ。とは言っても、民間の介護保険に加入すると、勿論のことながら、保険料の負担がありますよね。それを、今、負担して、今後、必要になるかもしれない介護の経済的負担を軽減する方法をとった方がよいのか?私を含む同世代の友人たちも考えはじめています。比較してみると下記の表のようになります。すべての介...続きを読む >

掲載ありがとうございます!

『見たよ!』とお声がけ頂いた方からの情報で、地域包括支援センターのHPやブログ、市区の広報や情報誌などにセミナーなどの記事を掲載していただいている事を知りました。ありがとうございます!●すすき野地域ケアプラザのブログ  ●青葉区区民活動支援センター 情報誌●新羽地域ケアプラザホームページ●タウンニュースその他、掲載を確認次第、お知らせ致します。 シニア世代の心身の変化に配慮した整理収納・comfy living...続きを読む >

旅のことばカード・ワークショップを開催しました

本日は、旅のことばカードのワークショップを開催しました。 「旅のことば」は、認知症と診断された後もいきいきと暮らしている方の生活の秘訣をまとめ、他の方々が自分に取り入れられるようにつくった、認知症とともに前向きに生きるためのヒント集です。認知症とともによりよく生きるには、本人や家族だけが頑張るのではなく、関わるみんなでよりよくしていかなければなりません。「旅のことば」は、みんなで認知症とともにより...続きを読む >

認知症サポーター養成講座開催

先週、認知症サポーター養成講座を2つの地域で、それぞれの地域包括支援センターと所属団体とで開催しました。どちらの地域も参加した受講者様は、熱心に講座に耳を傾け、認知症についての学びを深めて下さいました。この2つの講座で誕生した認知症サポーターの皆さまとオレンジリングの輪を広めていければと思います。認知症サポーターとは、認知症についての正しい知識と理解を身につけた人のことです。特別に活動を要求される...続きを読む >

みんなにやさしい住まいの工夫セミナー

オレンジカフェ向けに3度ほど開催してきた認知症を患ってらっしゃる方や、そのご家族向けに認知症を患ってらしても、自立した生活が少しでも長く出来る様に自分が介護をしている時にしていた住まいの工夫などをご紹介するセミナーをどこからか耳に入れて下さって、『認知症を患ってらっしゃる方に やさしい住環境ならば、 シニア世代、他の世代にもやさしい住まいになると思うので、セミナーをしていただけませんか?』(目から...続きを読む >