fc2ブログ

土鍋の置き場所

夕飯にも、あったかメニューが並ぶことが多くなってきましたね。それにともなって、寒くなると出番になる土鍋などを使う頻度も増えていく季節ですね。ある季節や、人が沢山集まる時には使うけれど普段はあまり使わない調理器具は、片付けの作業にお邪魔すると、多くのお宅では、食器棚の上にビニール等で覆って置かれています。若い頃は、そのような高い所にあっても、脚立などを使って、使う度に毎回上げ下ろしをすることも苦には...続きを読む >

お役にたてて良かった

私のアドバイスが役立ったとお客様から電話をいただきました。このお客様の片づけをさせていただいた時、「ちゃんと準備してるつもりなんだけど、病院に行った際、忘れ物が多くて・・・」と仰っていたので、「病院に行くときに必要なモノを入れた通院セットを作っておくといいですよ。」とアドバイスをして、健康保険証やお薬手帳、診察券、緊急時連絡先カードなどなどを半透明のポーチに入れて、それを通院用のバッグ入れて、目に...続きを読む >

片付けてくれたけど不便

お子さんが家の片づけをしてくれたのはいいれど、その後、家の中はスッキリしたのだけれど、とても不便を感じているAさん。実はこれ、よくあることなのです。実家の片づけをお子さんがされる際、多くの方は、片づけができていないことを責め、お子さんだけで片づけてしまうのです。その結果、親御さんが長年住み慣れた自宅での習慣などが配慮されていない状態になり、自分の家であっても、違う家に住んでいるような感じで、親御さ...続きを読む >

寒い住宅の転倒のリスク

朝晩、冷え込むようになりました。自分の家の中は寒いと感じていませんか?WHO(世界保健機構)が「住まいと健康に関するガイドライン」では、室温は、寒さによる健康被害から居住者を守るために 『 寒い季節に安全な温度として18℃以上を提案する。』と強く勧告しています。寒い住宅は、血圧上昇、循環器系の疾患など、様々な健康リスクがあると言われています。また、~断熱改修等による居住者の健康への影響調査 中間報告(第3...続きを読む >

最新のお掃除アイテム【AirMop(エアモップ)】使ってみました

テレビでも話題の医療環境管理士 松本忠男氏が開発した AirMop(エアモップ)を使ってみました。 AirMopの大きさは、ヘッド部:横幅(掃除幅)34cm柄の長さ:128cm柄にヘッドを装着した長さ:139cmと、一般的なモップより少し大きな感じ。ヘッドは取り外すことができ、水洗いもOKで、組立は、柄とヘッドの「SEIWA」とロゴマークが入った側を上にして柄の先端についてるクリップで、ヘッドを挟むだけなので、さほど力も要らず簡...続きを読む >

トイレまでの動線は安全?

1週間ほど前にご実家で親御さんが、トイレに行こうとして転倒し大腿骨を骨折され、現在、入院中で、退院してから、転倒した家で、親御さんを住まわすのが心配になって、家の中を直したいけれど、何をどうしたら良いだろう?とご相談に来られたAさん。古い家なので、段差があちこちあるけれど、普段は、気を付けているようだったので、何とかしないとなと思いながらも、そのままにしていたことを凄く後悔されていた。高齢になると身...続きを読む >

読書の秋に手元照明

日に日に夜が長くなってきました。暑い夏にくらべて活動しやすくなって、やる気も起こりやすく、集中力も持続しやすいこれからの季節、静かで過ごしやすい時間が増えて、読書をする方も多いのでは。しかし、年齢を重ねることによって、照明が暗く感じるようになってきます。若い人と比べると、お部屋の照明は約1.5倍、作業を行う所の照明では約2倍の明るさが必要になると言われています。でも、輝度の高い照明は、眩しさを増してし...続きを読む >

衣替えをする時期に

まだまだ暑い日もありますが、少しずつ秋の気配も感じられるようになり、洋服も夏物から秋冬物へと衣替えをする時期にもなってきましたね。洋服の収納は、身体の負担を軽減するには、洗濯をして干して、そのままクローゼットにしまえるし、衣替えの手間もないので、かける収納が良いですが、ハンガーにかける収納は、畳んで収納するよりも場所を取るので、洋服の数を減らすことが必要になります。なので、衣装持ちの方には不向きな...続きを読む >