fc2ブログ

ちゃちゃっとで えぇねん⁉

久しぶりの関西出身のお客様。懐かしい地名や、食べ物の話で花が咲く。私の標準語が大阪弁だからか、普段は、標準語ではなされているのに自然にお客様も関西の言葉になってる。お喋りは楽しいけれど、そこそこにして、今回は、モノの仕分けと収納仕方のアドバイスのご依頼だったので、一緒に仕分け作業を行tった。モノの片づけを一緒にしていると、私にお気遣い下さってなのか、『ちゃっちゃっとで、えぇねんで』となんでもかんで...続きを読む >

国際福祉機器展Web2021

2021年10月11日(月)~12月10日(金)「国際福祉機器展Web2021」が開催されます。特に私が楽しみにしているのは、「安心して過ごせる住環境づくり~水まわりのご提案」をテーマに出展するTOTOの特設サイト。安心・快適に暮らしていくための配慮ポイントや機能を備えたおすすめ商品、住宅のバリアフリーリフォーム実例や福祉施設の水まわり施工事例の紹介、動画セミナーなどもあるそうで、その中でも注目しているのが、11月10日...続きを読む >

『体力・気力』も配慮

先日、これから、ヘルパーさんが自宅に入るということで、お家の中の片づけをさせていただきました。ご本人と若いケアマネージャーさんと一緒に作業をしていたのですが、3時間くらい過ぎたころ、ご本人の姿が片づけの現場から消えたのです。探してみると物陰で、スースーと寝息を立てて寝ておられました。80歳オーバーのご本人さん、体力も気力も長くは続きません。お疲れになったのでしょう。私は、高齢の方が、一度に出来る作...続きを読む >

ギャップ・シニア

ギャップシニアとは、2014年に日本総研が提唱した元気高齢者と要介護高齢者の間の状態の高齢者であって、「できること」と「やりたいこと」との間にギャップが生じていながら、そのギャップに気づいていない高齢者のこと。要介護というわけではないけれど、日常生活のなかで諦めや我慢が積み重なっているが、「どうやったらできるようになるか」と考えたり工夫したりするのではなく、「年だから仕方がない」と諦め、我慢することに...続きを読む >

ここ最近、感じること

ここ最近、感じること。新型コロナウィルス感染症拡大で、これまでの生活とは違った変化からか、高齢の方の気持ちも変わっているように思う。特におひとりで暮らしてらっしゃる方は、これまで以上に困りごとが増えていると感じる。例えば、買い物ひとつにしても、私がうかがう時についでに買ってきて欲しいなど、これまでは、ご自分でされていたことも、コロナの感染のリスクをお考えになってのことなのか、頼まれることが多くなっ...続きを読む >

未使用品が家を占領

『このままの状態では心配で危険』とお子様からの相談で、先日、A様のお宅へお部屋の様子を見に行ってきました。お家にお邪魔すると、私が伺う前にお子様が通って片づけられてはいましたが、家の中にはモノがギッシリで、床にもモノが散乱している状態で、お子様の心配が一目で分かりました。中でも、お子様を悩ませていたのが、封もあけていない段ボールの山でした。この段ボールの山の中身は、定期購入の健康食品の類や、注文し...続きを読む >

「その時」の備え

「自分は、ずっと、ここでこのままで」と誰しもが思いたいけれど、いつまでも住み慣れた我家で住めるか?というと、突然に住めなくなることも多くある。先日、お手伝いに伺った2件の仕事。このどちらもが、「突然」だったのである。1件目は独居のAさん、2件目は認認介護のBさんご夫婦。どちらも、ある日突然の救急搬送から、もう自宅には帰れない状態になったのだ。それで、先日、急な片づけの手伝いのご依頼があり、タイミングよ...続きを読む >

照明もバリアフリー

年を重ねると、筋力の低下により足の上りが悪くなったり、わずかな段差にもつまづくようになったり、人間の身体能力は、低下していきます。視覚もその一つで、視力が低下し、物の認識や微妙な色の識別もつきにくくなり、段差がわかりづらく、つまずきの原因となったり、グレア(見えにくさをともなう眩しさ)により、部屋にいることが不快いになることもあります。人間が受取る情報のうち80%は視覚からといわれます。加齢とともに...続きを読む >