FC2ブログ

思い出のモノをコミュニケーションツールに

3月にセミナーをさせていただいたオーダー家具と木製キッチンの㈱クニナカの  70周年のイベント会場にあった1冊のノート。それは、先代が家具の勉強をしていた学生の頃のものでした。どのページも、丁寧に描かれた図の横に家具の特徴や製作の際のポイントなどがぎっしりと書いてあり、先代の家具に対する想いが伝わってきました。今の代表が3代目になるそうですが、ただ、代表者という肩書、立場、株式など何か手続きをすれば...続きを読む >

お客様の気持ちの変化~食器棚~

「勿体ないから使わない」 って思っていたけれど、 「使わないと勿体ない」ということに気がついた、食器棚の整理収納。趣味の陶芸の作品を棚に並べたら、 普段使いの100円SHOPの器を手離せた。#シニア#高齢者#整理収納#勿体ない#実家#片付け#処分#終活#100均 シニア世代の心身の変化に配慮した整理収納・comfy living...続きを読む >

家に入られたくない

雨漏りがするようになったので、家の補修工事をしなければと思ったBさん。しかし、なかなか踏み切れません。早く補修工事をしなければと思いながらも数年が経過。天井や床板も傷んできたので、いよいよ覚悟を決めないとと行動におこそうとするけれど、雨漏りの原因を突き止めて修理をするには、家の中に業者の方を入れて視てもらう必要がある、けれど、Bさんには『他人に家の中に入られたくない』という理由があるので出来ないで...続きを読む >

我家が第二の実家になった時

先日、あるオレンジカフェ主催で、あるある笑女隊として『漫才風セミナー』をさせていただきました。お陰さまで、カフェの中が人でいっぱいになり、その半数以上が、今回、初めて来られた方で、主催者様にも喜んでいただけました。参加して下さった方々からも、『笑うことで、頭に入りやすいと思った』『あるある話は、自分の事と重なって分かりやすい』『自分も少しでも早く実行しなくてはと気がついた』などなど、嬉しいお言葉を...続きを読む >

整理収納で親子の意思の疎通

ご実家に新しいキッチンをプレゼントされる方のお手伝いをさせて頂く事になりました。私の仕事は、新しくなったキッチンへこれまでのキッチンに入っていたモノを親御さんの今の体の状態にあう使いやすい位置に収納をする事。その何回目かのやりとりでお子さんが、『来ていただく前に少しでもと思って、最近、実家にちょこちょこ通ってます。』と言われ、私は嬉しく思いました。こんな素敵なプレゼントをされる方なので、これまでも...続きを読む >