fc2ブログ

食べる喜び

先日、愛生会山科病院 消化器外科部長で京介食推進協議会 会長の荒金英樹先生の「食の支援による京のまちづくり」というお話を聞かせていただき、「食べる力」は「生きる力」だと改めて思いました。そのお話の中にあった「京介食」は、高齢や障害などにより、食の楽しみを享受出来なくなった方々の問題解決のため、従来の機能面のみを重視した介護食とは異なり、利用者の心理面・感性にも配慮し、「美味しさ」「見た目の美しさ」「...続きを読む >

入浴で気軽に不調のケアと体調管理ができるWEBアプリ

毎日の暑さや、冷房による冷えで、なんとなく体調がスッキリしないなんて時に役立ちそうなWEBアプリがあったのでご紹介します。湯まわり設備メーカーの㈱ノーリツの「おふろカレンダー」は、入浴方法の提案や、医師からの入浴アドバイスのほか、過去の入浴データの確認ができ体調管理をサポートしてくれるWEBアプリです。体調の悩みに応じて選択できる2つのモード①冷えによる体調の変化は、温活モードその日の入浴時間に合わせた消...続きを読む >

ストレス発散でモノが増えている?

新型コロナウイルス感染症拡大により、行動の制限などもあって、家に居る時間が長くなったのが影響しているのか、高齢の方もインターネット通販を利用する方が増えて、家の中にモノが増えているように感じます。ストレスの発散なのでしょうかね?特に目につくのが、健康食品の類。健康に不安を感じて、ついつい買ってしまうそうですが、定期購入のものが多く、申し込みは簡単に出来るけれど、解約は、申込の時ほど簡単でないようで...続きを読む >

『誰とも話さない』と心に決めていたけど

先日、お会いした70代後半の男性。奥様が思うように動けなくなり、片付けの相談に来られた。第一印象は、明るく親しみやすい感じに思えたが、数分話したところで、「耳が悪くて聞こえにくいことがあるので、今のもう1回言ってもらえる?」と仰った。そこで、初めて、耳に補聴器をつけてらっしゃることに気が付いた。それから、いつもより少し声のトーンを下げて、ゆっくりハッキリ、大きくやさしくを心掛けて話したら、「あなたと...続きを読む >

データでなくて紙

ペーパーレスの時代、昔撮ってプリントした紙焼き写真もデータ化する方も多くなっています。しかし、紙焼き写真が主流の時代が長かった高齢の方は、データにすると嵩張らないし、沢山の写真をコンパクトに保存できることは分かってはいても、紙焼き写真を好む人が多いのです。私の経験からですが、物忘れの症状がある方も紙焼きの写真を手に取って、じっと眺めて、その頃を思い出し、その思い出を語る表情は、みなさん、とても穏や...続きを読む >

ポイントは窓

連日、30度を超える暑さで、室内での熱中症の発生も増えています。住まいの熱の流出入は、開口部が大きな割合をしめています。特に夏は73%もの熱が入ってきます。その大部分は、熱を伝えやすい窓ガラスなのです。室内の温度が上がりすぎると、冷房も効きづらく、家で過ごすのもつらいですよね。なので、ウィークポイントとなっている窓の遮熱対策が効果的です。室内の温度上昇を防ぐことにつながり、エアコンの使用時間を短縮でき...続きを読む >

片付けは大変な作業

片付けの作業は、高齢の方にとっては、非常に労力を必要とします。「綺麗好きだったのに・・・」「不要なものを捨てたがらない」などなど・・・子が片づけの必要性を感じても、当の本人は片付ける気がないと感じてる子世代の方も多いです。もの忘れといった記憶の衰えや、計画を立てて物事を行うことが難しくなる遂行機能の衰えなど、加齢による認知機能の低下の症状が表れます。高齢の方の認知機能は、「社会的因子」の影響し、個...続きを読む >

モノだけでいいのかな?

何かで見たのだけれど・・・高齢者の親がいる子ども世代の約7割が実家の「片づけ」の必要性を実感しているらしい。しかし、その片づけの対象はモノだけのような感じ。ほんとうにモノだけでいいのかな?と自分の経験から思ったりする。なにかにつけ、こちらにも書かせてもらってはいるが、片付けを一緒にさせていただいていると、沢山のお話をして下さる。その情報って、きっと、子世代にとっては役立つものだと思うし、ご本人にと...続きを読む >