FC2ブログ

アルツハイマー病の発症前診断が可能に!?

国立長寿医療研究センターと島津製作所などのチームが血液検査で、アルツハイマー病が発症する20年ぐらい前から、脳にたまりはじめるという異常なたんぱく質「アミロイドベータ」が脳にたまっていることを発症前に精度よく判定する方法を確立されたそうです。これを調べるには、高額(1回約10万円)な画像検査(陽電子放射断層撮影(PET))や、負担が大きい脳脊髄液の検査しかないとされてきましたが、この方法では、スプーン...続きを読む >